『Never Ending Dream 〜 詩と歌の世界〜』'18 4.28

0
    1525069379234.jpg
    【写真1. 国立No1.アンダーグラウンド… 谷保「かけこみ亭」入口】

    【写真2. 主催の荒川周介さんのポエトリーリーディング(中央)に星衛さんのチェロ(左)、そして飛び入りゲストのアルトサックス奏者の森さん(右)。最後のセッションではこのフリージャズ的な空間に築秋雄も参入。「ASABANA ROCK」や「六調」なども。\(◎o◎)/】


    先日(4/28)は

    国立は谷保(やほ)にありながらも
    なんと
    海外のゲストハウスリストガイドブックにも載り、世界中のバックパッカー達にも知られ
    国立No.1アンダーグラウンド…との異名もとるお店

    かけこみ亭

    にて開催されました

    歌とポエトリーリーディングのイベント

    『Never Ending Dream 〜 詩と歌の世界〜』

    に参加してきました。

    主催は

    詩のよみがたりの荒川周介さん

    詩人で作家の森崎和江さん
    の詩集に出会い猛烈に感動、
    そしてなんとご本人から朗読の許可をもらい本格的にポエトリーリーディングの活動を始めた…と言う静かなる熱血漢。

    この日も第1部は

    上々颱風の白崎映美さんのレコーディングやライブサポート、
    そして我らが井上君の「水の詩」のレコーディングなど
    様々なアーティストや詩人との共演で知られる
    チェロの名手
    星衛(ほし まもる)さん
    とのデュオにて
    その森崎和江さんの詩をリーディング。

    チェロのふくよかな、そしてまた先鋭的な即興の響きにイメージが増幅され
    なんともアートな雰囲気に…。

    その後、ガラリと雰囲気を変えアドレナリン全開となる築秋雄の歌の世界を経て

    第2部は

    星さんのチェロ弾き語り(!?)リーディングと言う実に珍しいパフォーマンスにてスタート。

    数篇読み上げた中に
    井上君の詩も一篇リーディング…いや、これが実に良かったです!

    そして再び荒川さんが登場。

    今度は沖縄の詩人の詩や自作の詩をリーディング。

    最後のオリジナルでは友人のアルトサックス奏者の森さんも加わり、

    オールネット・コールマンかコルトレーンか…と言うようなフリージャズテイスト満載な演奏に。

    なんかここはニューヨークのアンダーグラウンドジャズのお店か…とでも言うようななんともアバンギャルドな雰囲気になったところで、不肖築秋雄がアコギで参入。(^^;

    フリージャズが筋金入りに染み込んでるような星さんのチェロと森さんのアルトの渦の中で
    果たしてオレはアコギで一体何をすればいいんだ…的なシチュエーションf(^^;でもありましたが、
    そこはさすが名人二人。
    自分が荒川さんの詩に合わせて出していくコードを元に即興していく流れを作って下さったのでこれがなんとなく一緒にやってるようないい感じに。ハハハ…(^^;

    そんな
    荒川さんの自作詩と

    こちらはリハも一応やり、
    あのお馴染みのリフをチェロで格調高く弾いてもらった
    我が
    「ASABANA ROCK 」セッションの後。

    「ねぇ、最後は六調やって…!」

    と応援に駆けつけて下さった島の先輩からの熱いアンコールが…。

    えっ、六調って何?

    と星さんも森さんも顔を見合わせる中、

    え〜い、ままよ…とkey だけ言って

    「六調 行きゅんにゃ加那」

    に突入〜!!

    激しく踊り出す我が島の先輩や後輩たちのグルーヴに、
    さすがは東北ロッケン(六県)ロール(※注、白崎映美さんが主宰している東北方言ロック)で鳴らしている
    星さんがすぐさま反応してしの笛で獅子舞い的なグルーヴで参入。
    そしてアルトの森さんもご機嫌なアドリブでフリーに参加。

    奄美+獅子舞い+フリージャズ+島踊り

    のなんとも物凄い狂乱の世界に…。

    ポエトリーリーディングで知的にそして静かに始まったこのイベント、

    最後は土着と前衛が合体したかのようななんともソウルフルなエンディングに…。

    最後に入ってらしたお店のご常連さんが、その佳境をちょうど目撃され、


    いや、今日はまた凄い人たちが入ってるわねぇ…と(笑)


    ポエトリーリーディングにフリージャズ
    そこに奄美とロックで参入…と言う自分としても実に珍しい体験、
    いや、とてもエキサイティングで楽しかったです!

    誘って下さった主催の荒川さん、
    チェロと笛の星さん、
    飛び入りゲストのアルトの森さん、
    そして
    かけこみ亭のマスターのぼけまるさん、

    そしてそして
    何よりもご来場下さいました有り難い皆様方

    本当に本当に
    ありがっさまりょうた〜!m(__)m



    【セットリスト】

    1部

    ●荒川周介+星衛

    1.滝
    2.森
    3.木
    4.なぜ
    5.旅ゆくところ
    6.笛


    ●築秋雄

    1.やってみろよ!
    2.Exodus 〜 脱出
    3.INISURI
    4.ヤチャボー
    5.希望の翼
    6.ワイド節
    7.ロスト・ジェネレーション(立ち上がれ!)

    2部

    ●星衛 チェロ&リーディング

    ●荒川周介+星衛

    1.海へ寄せる言葉
    2.さぁ 帰ろう
    3.魔法のことば
    4.新しい旅、最後の旅

    ●セッション(荒川+星+築+森(sax))

    1.ドリーマーズオンリー
    2.ASABANA ROCK

    【アンコール】

    六調 行きゅんにゃ加那



    それでは皆様、どうか素敵なGWをお迎え下さい…!




    築 秋雄

    いよいよ本日(28日)、谷保かけこみ亭にて『Never Ending Dream 〜 詩と歌の世界〜』開催です…!

    0

      1523759170648.jpg

      おはようございます!


      今朝は何か高原にでもいるようなとても気持ちのいい天気となりましたね!



      しかし南北首脳会談…。

      文大統領と金委員長が手に手をとって笑顔で軍事境界線を越えるパフォーマンスをしたり…と。


      おいおい(^^;



      まぁ、非核化和平に大きく舵がきられたのはとりあえずはめでたいことですが、ただあまりにも急激な変化でちょっと戸惑いも正直。


      あの命がけで境界線を越えて韓国に亡命した北朝鮮の兵士は今どんな気持ちなんだろう?



      このまま米朝首脳会談では


      「ねぇドナルド、」 

      「ん、なんだい正恩(ジョウウン)」


      と肩を組んでお互いファーストネームで呼び合う仲になったりして…(^^;


      まぁ、


      チビのロケットマン、

      気の違った老いぼれ、


      と呼び合っているよりはいいのでしょうが…。



      さて、そんな急転直下で若干複雑怪奇な展望も見せつつある国際情勢の最中、


      国立は谷保にてポエトリーリーディングと歌のイベント

      『Never Ending Dream 〜詩と歌の世界〜』


      が開催されます!



      おっ、なんかニューヨークみたいだぞ…なんて(笑)



      こんな混迷な時だからこそ

      終わらない夢をぜひとも共に…!


      お待ちしております…!!m(__)m




      ●2018年4月28日(土)


      谷保 かけこみ亭


      国立市富士見台1-17-12

      S&Sビル地下

      Tel. 042-574-3602

      *JR南武線谷保駅北口徒歩2分



      『Never Ending Dream 〜詩と歌の世界〜』


      出演: 築秋雄(歌、ギター)/荒川周介(詩のよみがたり)/星衛(チェロ、笛)


      開場: 19:00/開演: 19:30


      投げ銭+ドリンクオーダー



      ※曼荼羅ライブの時に出会った朗読の荒川周介さんのイベントに初出演します!

      ポエトリーリーディングの人たちとのライブは本当に久しぶり。

      また国立でのライブは初!

      ちょっと初期のディランやルーリードの気分で“船を出そう〜♪”

      どうか何卒…。




      築 秋雄


      『希望の翼』エピソード51 '18 4.23

      0

         

        1524512556429.jpg

        【写真1.曼荼羅入口。】

        1524512565093.jpg

        【写真2.宙美with Gensblue さんのステージ。】

        1524512787063.jpg

        【写真3.「ASABANA ROCK」の島太鼓になんと映画『櫻の園』に出演されたもう一人の女優さんで今は女優業と共に脚本家としても広く活躍されている梶原阿貴さんがなんとサプライズで飛び入り参加。\(◎o◎)/ Thanks photo by yumi 】

        1524499080077.jpg

        【写真4. 最後の全員でのセッションより〜その1。「こきりこ節」セッション。Thanks photo by Aki 】

        1524499098170.jpg

        【写真5.最後の全員でのセッションより〜その2。「ワイド節」セッション。Thanks photo by Aki 】

         

         

        一昨日(23日)は

        恒例の曼荼羅ライブ

        築秋雄Presents 『希望の翼』〜エピソード51

        の日でした。(写真1参照)

         

        ジョイントゲストには

        個性派唄者の

         

        宙美yumi さん

         

        が初登場。

         

        サポートのGensblue さんと共にとても素敵なステージを…。(写真2参照)

         

        テーマは“旅”

         

        とのことで、宙美さんの1stアルバム『空鏡』からの曲を中心に

        その他も

        「シャボン玉」

        などの童歌(わらべうた)

        師匠の朝崎郁恵さんも歌われている沖縄歌謡

        「十九の春」

        そして奄美島唄

        「豊年節」

        などなど

        日本人なら誰もが知っている唄(奄美島唄以外は…かな(^^;)をセレクト。

         

        メロディ的にはちょっとした“唄で巡る日本の旅”とでも言うようななんとも癒されるヒーリングなひととき。

         

        しかしながらそのその全てが

        あの独特な

        奄美島唄唱法

        によって歌われるため

        耳慣れた楽曲も何か一枚ベールを脱いで初めてその本質を現したかのような新鮮さをもって我々の魂に響いてきました。

         

        奄美島唄唱法のシャーマニスティックな可能性もとても雄弁に知らしめてくれたなんとも美しく迫力あるステージ…、

        宙美さん、熱演と〜とがなし!

         

        そして、宙美さんよりもらった“旅”のお題を引き継ぎ

         

        「ホーリー・マウンテン〜聖地への旅」

        でスタートした

        築秋雄&永原元のステージ

        では

        なんともびっくりなサプライズが…。\(◎o◎)/

        恒例の「ASABANA ROCK」オーディエンス飛び入りコーナーで

        島太鼓(チヂン)を叩いてくれたのが

        なんとなんと

        宙美さんと共に

        『櫻の園』

        でデビューされた女優の

        梶原阿貴(かじわらあき)さん。

         

        ハイ、あのちょっと怖い先輩です(笑)

         

        今は女優としてだけではなく脚本家としても大活躍されているロバーヒンとのまさかのASABANA ROCK 共演(※注、映画内で演じられるチェーホフ「櫻の園」での役名。因みに宙美さんはシャルロッタ。)

         

        いや、これがまためっちゃ素晴らしい太鼓!\(◎o◎)/

         

        なんでも小中高と和太鼓をされていた…とのことで、その気合いの入りまくった極上のビートにはびっくり。(写真3参照)

         

        阿貴さん、最高な島太鼓(チヂン)飛び入り、本当にありがっさまりょうた!

         

        でも宙美さんと阿貴さんは役をこえて、もう本当の同級生のようで、

        あの映画がいかに固い結束で作られたものなのかを改めて…。

        なんでもこの前は、つみきみほさんも宙美さんのライブを応援しにいらっしゃたのだとか…\(◎o◎)/

         

        公開からもうだいぶたっているのにそうやってず〜っと出演者同士の友情が続いているって

        なんかとてもいいエピソードですよね!

         

        そんな奇跡の映画

        『櫻の園』('90 中原俊監督)

        どうか皆様もぜひともご覧下さい…!

         

         

        さて、そんな友情の奇跡を我が島太鼓の響きと共に味わせていただいた後は

         

        再びステージに宙美さんとGensblue さんを迎え炎のセッションタイムへ…。

         

        選んだ曲は

         

        日本最古の民謡(富山)

        「こきりこ節」

        現代の歌ながら、沖縄の

        「ハイサイおじさん」

        と並んでスタンダード化した中では最も新しい唄の一つ、我が故郷奄美の誇る

        「ワイド節」

         

        そこに、なんとその富山の出身だったと言う永原元ちゃん

        あの深〜いアフリカンビートを加え、

         

        まさに日本の古層に迫るか(!?)と言う意味と意義を持つような(^^;『希望の翼』シリーズ屈指のセッションへ…。(写真4〜5参照。)

         

        いやぁ、楽しかったぁ…。(σ≧▽≦)σ

         

        宙美さんとGensblueさん、

        そして何よりも

        お忙しい中、ご来場いただきました有り難い皆様方、

        本当に本当にありがっさまりょうた〜!m(__)m

         

         

         

        【セットリスト】

         

        ●O.A (築秋雄ソロ)

         

        1.イントロダクション〜やってみろよ!

        2.Exodus 〜 脱出

         

        ●宙美with Gensblue オンステージ

         

        ●築秋雄&永原元 オンステージ

         

        1.ホーリー・マウンテン〜聖地への旅

        2.INISURI

        3.小さなことから始めよう

        4.曇天

        5.ヤチャボー

        6.希望の翼

        7.ASABANA ROCK

        8.ロスト・ジェネレーション(立ち上がれ!)

         

        ●セッション (築秋雄+宙美with Gensblue +永原元)

         

        1.こきりこ節

        2.ワイド節

         

         

         

        さて、次回のこの『希望の翼』シリーズは

         

        エピソード52

        〜トキハイを超えた男とやってみろよ!アナログワイドナイト后

         

        と題して5月29日(火)に開催が決定…!

         

        ジョイントゲストはシリーズ5回目の登場となる

        あの天性の歌声の持ち主

         

        飯田マキトさん…!(σ≧▽≦)σ

         

         

         

        どうか皆々様方、

        来月も何卒、この武蔵野の聖地へ!

         

        心よりお待ち申しております…!!m(__)m

         

        ワイド〜!

         

         

         

        築 秋雄 拝


        いよいよ本日23日(月)は恒例の曼荼羅ライブ 築秋雄Presents 『希望の翼』〜エピソード51 開催です…!

        0
          1523518291956.jpg
          おはようございます!

          昨日までの夏日はどこへやら。
          またぐっと気温が下がってきましたね(…と言ってもこれが普通かな)

          暑いなら暑い
          寒いなら寒い
          どっちでもいいけど
          とにかく
          はっきりして欲しい…と誰もが思うような天気がここしばらく。

          いや、だから
          昼間は半袖でもいいような夏日で
          夜はもう一枚羽織りたいような肌寒さ、と実にはっきりしてるじゃん…と返されそうですが(^^;

          まぁ、でも雪が降ったわけでもないし、はっきりと異常気象…と言うほどでもないところがミソ。

          まだこうやってブツブツ言える程度のことながら、
          風邪とかにはこのぐらいが一番足元をすくわれやすい状況ですので気をつけましょう!(*_*)


          驚天動地の米朝首脳会談を間近に控え
          合わせて天変地異など起こりませんように…。(>.<)

          さて、そんな異常気象があっても、新入生の季節には変わりありません。

          新たな出会いの中でどうか皆様が素晴らしい季節を送れますよう、熱〜い音楽のプレゼントを…なんて。(^^;

          ハイ、毎月恒例の
          築秋雄Presents 『希望の翼』エピソード51
          がいよいよ本日、開催…!

          ジョイントゲストには

          映画や舞台で活躍する女優でもありまた東京のご出身ながらなんと奄美島唄の唄者でもあると言う超個性派なアーティスト

          宙美yumi さん

          が初登場…!(σ≧▽≦)σ

          いや、とてもとても楽しみです…!!

          空の鏡に映る我々の本当の姿を
          どうか
          共に見つけに参りましょう…!

          どうか何卒…!m(__)m



          ●2018年4月23日(月)

          吉祥寺 曼荼羅

          武蔵野市吉祥寺南町1-5-2
          Tel. 0422-48-5003

          築秋雄Presents『希望の翼』エピソード51
          〜「櫻の園」 から奄美の名花へ…!春の武蔵野ワイドナイト☆〜

          築秋雄×宙美 with Gensblue (スペシャルゲスト)

          ジャンベゲスト:永原元

          開場19:00/開演19:30

          前売¥3.000/当日¥3.300+1ドリンクオーダー

          ※恒例の月イチ曼荼羅ライブ。

          『希望の翼』シリーズの51回目。

          今回は

          〜「櫻の園」から奄美の名花へ…!春の武蔵野ワイドナイト☆〜

          と題して

          あの邦画史に燦然と輝く名作で女優としてデビューされ、
          現在は東京のご出身であるにもかかわらず
          なんと
          奄美島唄の唄者
          として活躍されている
          文字通りワン・アンド・オンリーなアーティスト、

          「宙美yumi」さん

          をこの武蔵野の聖地に迎え
          まさに春爛漫なスペシャルツーマンライブを…!

          奄美の島唄が
          土着的地域性を超えて
          実は日本はもとより世界のシャーマニズムにも通じる普遍性があるのでは…と思わせる
          驚きの唄声を
          我らが武蔵野の聖地でたっぷりと。
          (※サポートにはGensblueさんが決定!)


          築秋雄も
          お馴染み我らがジャンベマスター
          永原元ちゃん
          と共にアサバナロック魂にてワン・アンド・オンリーに迫る所存。

          恒例のセッションも
          どうか何卒ご期待下さい…!

          また、この日も引き続き曼荼羅では特別メニュー
          大好評の
          鶏飯(奄美大島の郷土料理)、
          そして
          本土ではなかなか飲めない奄美黒糖焼酎の名品、加那(かな)、朝日等
          販売しておりますのでこちらもぜひとも併せてご賞味いただければ…と。

          そんな
          我らが曼荼羅にも大いに共に盛り上げていただけている『希望の翼』シリーズ51回目。

          〜「櫻の園」から奄美の名花へ…!春の武蔵野ワイドナイト☆〜

          必ずや最高の日に…。

          どうか今宵は何卒、武蔵野の聖地、曼荼羅へ…!m(__)m



          築 秋雄

          ☆『希望の翼』ジョイントゲスト紹介エピソード51「宙美yumi」さん 後編。

          0

            dcce6f1bffb6fd4f14d21533bf7de612-300x300.jpg

            【宙美『空鏡〜そらかがみ〜』(2015) 。】



            『希望の翼』ジョイントゲスト紹介〜エピソード51後編では、



            宙美yumiさんが


            2015年にリリースした


            『空鏡〜そらかがみ〜』(写真参照)


            をご紹介していきたいと思います。



            まずはその帯に記されたキャッチフレーズをどうぞ。



            〜唄は、何かを忘れるためではなく、その奥に在る自分の源を想い出すためのもの。

            まだ、なにもなかった頃の静寂への旅〜


            伝統的唱法とNatural Sound で綴り、古(いにしえ)を映す「日本の唄」




            …確かに、このアルバムに収録されたのは

            日本最古の民謡と言われる

            「こきりこ節」(M.3)


            童謡の

            「七夕」(M.5)


            「かごめ」(M.6 )


            などが。



            そしてそこに


            NHK みんなのうたバージョンなどでも広く浸透した

            古謝美佐子の子守唄

            「童神〜天の子守唄〜」(M.1)


            に、


            TV アニメ『はじめ人間ギャートルズ』の名エンディングテーマとして名高い

            「やつらの足音のバラード」(M.2)


            など、

            日本人ならおそらく誰もが知っている曲がセンス良くセレクトされています。


            唯一、一般にはあまり知られていない曲は


            奄美大島の島唄


            「嘉徳なべ加那節」(M.4)


            の存在。


            普通に考えればここだけディープに違和感ありまくりになってしまう気がするのですが、さにあらず。

            ここではそれがもう見事なまでのはまり具合。


            その秘密は…、


            ハイ、実はなんとこのアルバム、

            全体がその伝統的歌唱…すなわち奄美シマ唄の唱法で唱われているわけなんですね。


            いや、驚きました…。


            こんなことって出来るものなんだ…。\(◎o◎)/


            なので本来は違和感ありまくりなはずの


            「嘉徳なべ加那節」


            を逆に基点として古代日本の古層にある唄魂を掘り起こしていってるような統一感すら…。



            また更に言えば、もはやこれは


            「日本の唄」


            を通り越して


            「地球の声」


            とでも言うべきものをシャーマニズム的に表現したものを聴いているかのような気分にも…。



            いや、奄美シマ唄の唱法って世界の古層に響くもの凄い可能性を秘めたものなのだな…と。


            しかしこれ奄美出身者ではない宙美さんだからこそまた出せた味わいかと。


            黒人音楽に憧れた白人のプレスリーやビートルズによって適度に薄められたブラックミュージックのエッセンスがより普遍的に世界に届いたように


            仮にもしこの同じ選曲とオケで

            元ちとせが歌ったとしたら

            もちろんそれはそれで素晴らしいものであったにしても奄美色が強烈に出すぎ地域性の強靭さが勝り

            ここでの世界の古層にも届くような普遍的な透明感と隙間は出せなかったのでは…と。


            どちらがいいかはもちろん好みですが。


            ビートルズの「 Hey Jude」

            がいいか

            それともより黒い

            ウィルソン・ピケットの「Hey Jude 」

            が好みか…と言う。


            しかし、とりあえず今は


            奄美を…ではなく、

            奄美の伝統にある可能性をこのような形で提示してくれた宙美さんのこの力作に

            我々出身者は惜しみない拍手をまず贈るべきなのでは…。


            内地の人たちはこのアルバムを聴いて奄美を知り、

            島の人たちはヤマトと共通の土台の上に自分たちがいることを知る。


            そして海外の人たちは自分たちの古層とも共鳴し合うワールドミュージックの深い響きをここに発見して日本人そのものに驚く…。



            これは確かに日本と奄美、そして世界を繋ぐパワーを秘めたアルバム。




            ねぇ、ねぇ、皆んな聞いて!

            シャルロッタ(※)が凄いことやったんだよ…!


            〜「櫻の園」より。


            ※注、映画内で演じられるチェーホフ「櫻の園」での宙美さんの役名。




            ※「嘉徳なべ加那節」(M.4)での三線は

            徳原大和氏


            「やつらの足音のバラード」(M.2)のアコースティックギターなど随所にセンス良くちりばめられた洋楽テイストの演奏とアレンジは

            Gensblue氏


            ブックレットには宙美さん本人の収録曲への短いコメントと共に

            評論家平西松氏のライナーノーツ「守り抜け、そして軽やかに手放せ」

            も収録。


            そしてジャケットデザインは盟友の

            えぐさゆうこ氏。




            収録曲


            1.童神〜天の子守唄〜

            2.やつらの足音のバラード

            3.こきりこ節

            4.嘉徳なべ加那節

            5.七夕

            6.かごめ


            play∞pray project

            YUMI-2015

            定価¥1.500(税込)




            *このアルバム

            も・ち・ろ・ん

            ライブ会場でお買い求めいただけますので

            どうか何卒…!





            〜かごめかごめ 籠の中の鳥は

            いついつ出やる 夜明けの晩に

            鶴と亀が統べった

            後ろの正面だあれ?〜



            「かごめ」より。




            築 秋雄


            calendar
              12345
            6789101112
            13141516171819
            20212223242526
            2728293031  
            << May 2018 >>
            selected entries
            categories
            archives
            recent comment
            • オフィシャル制作によるスライド動画『2018年新春音楽イベント「平々米々」ダイジェスト』がYouTubeにアップされました…!
              築 (01/11)
            • オフィシャル制作によるスライド動画『2018年新春音楽イベント「平々米々」ダイジェスト』がYouTubeにアップされました…!
              げん (01/10)
            • 流れ星と潮騒の夜〜榊義弘ライブ 2014 12.13
              築秋雄 (02/20)
            • 流れ星と潮騒の夜〜榊義弘ライブ 2014 12.13
              築秋雄 (02/20)
            • 流れ星と潮騒の夜〜榊義弘ライブ 2014 12.13
              土居 (02/16)
            • 流れ星と潮騒の夜〜榊義弘ライブ 2014 12.13
              榊 (02/16)
            • 明日は新宿三丁目にて池田里奈さんのグループ「なチュッっぱ」ライブが開催!
              築秋雄 (07/06)
            • 明日は新宿三丁目にて池田里奈さんのグループ「なチュッっぱ」ライブが開催!
              いけだりな (07/05)
            • 速報!!築秋雄&アルバトロス 奄美『希望の翼』ツアー2014 2日目も大盛り上がり…(T_T)
              栄 (03/03)
            • 『やってみろよ!ナイト☆』2013 3.11
              築秋雄 (03/17)
            recent trackback
            links
            profile
            search this site.
            others
            mobile
            qrcode
            powered
            無料ブログ作成サービス JUGEM