<< 速報!「ヤマト・ミーツ・アマミ BIG TOUR 2015」のライブ映像が3本、YouTubeにアップされました…!! | main | ☆『希望の翼』ジョイントゲスト紹介 エピソード19「To Tell The Truth」Vol.2 後編 >>

☆『希望の翼』ジョイントゲスト紹介 エピソード19「To Tell The Truth」Vol.2 前編

0
    DSC_2640.jpg
    【我らがスーパーバンド「To Tell The Truth」 撮影:Yoko Sasaki】


    ジャパニーズフォークロックのレジェンド
    へと着実に成長を続けている我らがスーパーバンド

    To Tell The Truth

    との築 秋雄のそもそもの出会いや
    各メンバーのそのあまりに凄すぎるプロフィール
    などにつきましては
    前回、初共演時の
    『希望の翼』エピソード12
    における
    ジョイントゲスト紹介

    前編

    後編


    にて
    動画リンクも含め詳細に紹介しておりますので
    基本情報的なことは
    まずはそちらをご参照いただければ…と。


    で、この
    To Tell The Truth (以下、T4)紹介
    第二弾では

    先日の
    奄美群島ツアー
    を共にした同行者の一人として、
    身近に垣間見ることが出来た
    そのバンドとしての存在の魅力
    について少し踏み込んで…。

    バンドの魅力は
    1+1が3にも4にもなるところ。
    技量はもちろん必要ですが
    それはあくまでも1要素。
    ビッグネームを揃えればスーパーバンドが出来上がるかと言えば必ずしもそうではないのが面白いところ。


    ではある意味ビッグネームが集まったこのT4はなぜにスーパーバンドたりえているのか…。

    それは
    "扇の要(かなめ)"

    キャラクターの妙。
    そしてラブ&ピース

    なにせ、一人一人がソロやセッションでもめちゃ売れっ子で忙しく
    センチメンタル・シティ・ロマンス

    アナーキー
    そして
    福山新田(ふくやましんでん)福山太鼓
    などパーマネントなグループや企画を抱えてる身なわけですから
    その寸暇を割いたバンド活動にはよほどのエナジーが必要。

    で、そのエナジーの大元、バンドを束ねる扇の要(かなめ)が
    永原元さん

    今回、奄美群島から沖縄まで一番長く行動を共にした方。

    驚かされたのは
    訪れる場所ごとに深い祈りと挨拶を欠かさなかったこと。

    考えてみれば自分一人のエナジーの量などたかがしれてます。

    ならば、いったん自分を無にして
    その場所場所のエナジーと共鳴させることで無限の推進力を得る…という
    まるで現代のエネルギー問題にもヒントを与えるかのような(!?)そのナチュラル・スピュリチアリティの素晴らしさ。

    人類発祥の起源とも言われるアフリカの大地の中で身につけたことなのでしょうが
    このツアー中、一番深く学ばされたところです。

    で、そのげんさんが3年前に何かのイベントでこのT4メンバーでセッションした時に
    このメンバーなら何かがおきる…と直感してバンド結成を持ちかけたのが全ての始まり

    そんなげんさんのピュアでスーパーナチュラルな人柄とそのプリミティブな直感に共鳴して
    中川五郎さん
    中野督夫さん
    寺岡信芳さん

    が結集。

    げんさんを扇の要(かなめ)として
    それぞれが存分にバンドサウンドを楽しみながらも
    セッションを重ねるごとにげんさんの直感通りある化学変化(バンドのマジック)が徐々に…。

    それを促しているのが各メンバーのキャラクターの妙。

    過激でスーパーインテリジェントながら柔和で思いやりのある中川五郎さん

    ラブ&ピースの申し子のようなミスター・ヒッピードリーム、中野督夫さん

    スーパージェントリーなアナーキスト(!?)
    寺岡信芳さん

    ツアーに同行して
    な〜るほどぉ…と思ったことは沢山ありました。

    長くなりますので個別な例は次の機会に…ということで省略しますが

    この人たちが一緒に集まり音を出してることの意味…というのがツアーで共に過ごしたことでより深く理解出来たように思います。

    ひとつだけはっきりと言えるのは
    この
    To Tell The Truth
    は更にこれから発展していくだろうと言うこと。

    そして今の日本の状況は彼らを確実に必要としているということ。

    最後にそんなT4の大名曲

    「大きな壁が崩れる/We Shall Overcome 2012」

    の奄美ライブの動画(with 築秋雄ですがf^_^;)と
    五郎さんの友人でもあり
    名曲「フォー・ア・ライフ」の作曲者でもある
    頭脳警察PANTAさん
    がT4に捧げた言葉を引用して終わりたいと思います。


    ●ヤマト・ミーツ・アマミ BIG TOUR 2015 その3「大きな壁が崩れる/We Shall Overcome 2012」


    民の叫びとともに、権力の中枢へ響きわたれ!!

    ー頭脳警察 PANTA―



    で、このT4、9月からいよいよ本格的なレコ発ツアーが始まるわけですが
    その更なる化学変化が実に楽しみです!

    しか〜し、
    そ・の・前・に
    ぜひとも
    吉祥寺曼荼羅にて
    その進化しつつあるT4サウンドを体験して欲しいです…!

    8.31 『希望の翼』エピソード19

    どうか何卒…!!m(_ _)m




    ぼろ靴はいて踊るじいさん 俺の友だち
    白髪頭でシャツはよれよれ ぶかぶかズボンで
    ぴょんと高く飛び上がり そっとおりる

    じいさんに会ったのはニューオリンズで 俺がぐれてた時
    でも優しい目で俺を見つめて 話しかけてくれた
    彼の歩いた人生を そして笑って踊るのさ

    「わしの名前はボージャングル」 そういってひと踊り
    ずりおちるズボンひっつかんで 舞い上がり かかと鳴らす
    俺たちに笑い巻き起こし シャツをひらひらさせ

    ミスター・ボージャングル ミスター・ボージャングル
    ミスター・ボージャングル 踊るよ



    「ミスター・ボージャングル」by ジェリー・ジェフ・ウォーカー 訳詞:中川五郎


    築 秋雄

    コメント
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
    calendar
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    << September 2017 >>
    selected entries
    categories
    archives
    recent comment
    • 流れ星と潮騒の夜〜榊義弘ライブ 2014 12.13
      築秋雄 (02/20)
    • 流れ星と潮騒の夜〜榊義弘ライブ 2014 12.13
      築秋雄 (02/20)
    • 流れ星と潮騒の夜〜榊義弘ライブ 2014 12.13
      土居 (02/16)
    • 流れ星と潮騒の夜〜榊義弘ライブ 2014 12.13
      榊 (02/16)
    • 明日は新宿三丁目にて池田里奈さんのグループ「なチュッっぱ」ライブが開催!
      築秋雄 (07/06)
    • 明日は新宿三丁目にて池田里奈さんのグループ「なチュッっぱ」ライブが開催!
      いけだりな (07/05)
    • 速報!!築秋雄&アルバトロス 奄美『希望の翼』ツアー2014 2日目も大盛り上がり…(T_T)
      栄 (03/03)
    • 『やってみろよ!ナイト☆』2013 3.11
      築秋雄 (03/17)
    • 『やってみろよ!ナイト☆』2013 3.11
      プルーストのT (03/15)
    • 築秋雄関西ツアーVol.6 無事、終了しました!
      築 (06/02)
    recent trackback
    links
    profile
    search this site.
    others
    mobile
    qrcode
    powered
    無料ブログ作成サービス JUGEM