いよいよ本日(9日)、恒例の築秋雄銀座ライブ『やってみろよ!ナイト☆』開催です…!

0
    DSC05624.jpg
    【銀座アミズバーでのステージより。撮影:Mr. Tanji 】

    おはようございます!

    東京は雨と曇りの予報を覆し、本日は見事な青空…良かった。

    しかしまだまだ拡大してます西日本豪雨の災害にはなんとも心が…(>.<)

    被害にあわれました西日本の皆様方には心よりお見舞い申し上げます…。(;_;)

    東京も一昨日は久しぶりに地震予告アラームが鳴り響く事態に。(@_@;)
    えっ、えっ、え〜ととりあえず強烈な揺れに備えましたが、
    幸い23区の震度は大したことはなくひと安心。
    とりあえず水は買っとかないとな…。
    天災は忘れた頃に。(*_*)

    さて、本日はそんな天への祈りも込めて
    築秋雄恒例の銀座ライブ
    『やってみろよ!ナイト☆』
    が開催されます!


    本日、初披露のオリジナル新曲などもやる予定です!

    どうか今宵は銀座23年目の老舗
    アミズバーへ何卒…!m(__)m



    ●2018年7月9日(月)

    銀座アミズバー

    中央区銀座8-6-18
    銀座カレラ弐番館5F
    Tel. 03-3573-5766

    『やってみろよ!ナイト☆』

    出演:築秋雄/横山ち帆(pf) and 阿見紀代子(Vib)

    開場: 19:00/開演:19:45〜 *2回ステージ(2nd Setは21:30〜頃より )

    チャージ¥5000(1ドリンク付き税・サ込)※女性はレディスサービスて2ドリンク付き

    ※税サ込で1ドリンク(女性は2ドリンク)付きですのでスペシャルゲストナイトやアミズバー通常料金よりも若干お得な設定となっております!


    *恒例の築秋雄月イチ銀座ライブ
    『やってみろよ!ナイト☆』

    今月は入魂のソロアクトデー。
    ソロならではのレパートリーもた〜っぷりと。
    築秋雄の原点、全開にてお届けします…!

    オーナーでビブラフォン奏者の
    阿見紀代子さん
    とスタッフ兼ピアニストの
    横山ち帆さん
    のジャズ演奏や全員でのコラボ演奏も何卒ご期待下さい…!



    築 秋雄

    2018年 7月のライブ情報。

    0

      1530164029079.jpg

      【我らが“レジェンド”シバさんとの感動のセッションより。※写真は前回の『希望の翼』エピソード16からのもの。今回のエピソード53での写真は後程。(^^)v】



      一昨日(26日)は

      『希望の翼』エピソード53

      にご来場いただけ、誠にありがとうございました!m(__)m


      おかげさまで我らがレジェンド

      シバさん

      と共になんとも熱〜い盛り上がりに…。(ToT)


      シバさん、本当に熱演感謝でした…!


      詳しくはまたライブレポートや写真と共に後程。(^^)v



      さぁて、そうこうしているうちに

      2018年ももう7月ぅ〜!\(◎o◎)/


      うわっ、早っ…!Σ( ̄□ ̄;)と言うことで


      まずは早速、灼熱に舞う曇天な文月(ふみづき)ライブ情報

      お知らせいたします…!m(__)m





      ●2018年7月9日(月)


      銀座アミズバー


      中央区銀座8-6-18

      銀座カレラ弐番館5F

      Tel. 03-3573-5766


      『やってみろよ!ナイト☆』


      出演:築秋雄/横山ち帆(pf) and 阿見紀代子(Vib)


      開場: 19:00/開演:19:45〜 *2回ステージ(2nd Setは21:30〜頃より )


      チャージ¥5000(1ドリンク付き税・サ込)※女性はレディスサービスて2ドリンク付き


      ※税サ込で1ドリンク(女性は2ドリンク)付きですのでスペシャルゲストナイトやアミズバー通常料金よりも若干お得な設定となっております!



      *恒例の築秋雄月イチ銀座ライブ

      『やってみろよ!ナイト☆』


      今月は入魂のソロアクトデー。

      ソロならではのレパートリーもた〜っぷりと。

      築秋雄の原点、全開にてお届けします…!


      オーナーでビブラフォン奏者の

      阿見紀代子さん

      とスタッフ兼ピアニストの

      横山ち帆さん

      のジャズ演奏や全員でのコラボ演奏も何卒ご期待下さい…!





      ●2018年7月21日(土)


      柳瀬川ニュータウン 南の森一番街 円形広場


      埼玉県志木市館1-6

      ※東武東上線柳瀬川駅より徒歩10分


      『柳瀬川夕涼み会野外ライブ』


      出演:池田里奈デュオ(with 築秋雄)/他。


      入場無料。


      時間等詳細未定。


      ※お馴染み奄美二世のフルート奏者、池田里奈ちゃんの地元で開催されます「柳瀬川夕涼み会野外ライブ」になんと今年も誘ってもらえました!

      3年連続…里奈ちゃん、ありがっさまです!(ToT)

      不肖築秋雄、地元の星、フルート池田里奈ちゃんメインのニューレパートリーにも果敢に挑戦します…!


      そして今回はなんとあの曲も初共演…!?


      どうか柳瀬川近辺の皆様、夕涼みがてら何卒…!!





      ●2018年7月30日(月)


      吉祥寺 曼荼羅


      武蔵野市吉祥寺南町1-5-2

      Tel .0422-48-5003


      築秋雄Presents『希望の翼』エピソード54

      〜奄美のザ・バンドとアサバナロックでワイドナイト☆〜


      築秋雄×マブリ Vol. 3


      ジャンベゲスト:永原元




      開場:19:00/開演:19:30


      前売:¥3.000/当日:¥3.300+1ドリンクオーダー


      *恒例の月イチ曼荼羅ライブ。


      『希望の翼』シリーズの54回目。


      今回は


      〜奄美のザ・バンドとアサバナロックでワイドナイト☆〜

      と題して


      あの朝崎郁恵唄者のサポートでも知られ、その音楽性の高さから奄美の“ザ・バンド”と異名をとるタナカアツシ&奈良大介の一騎当千スーパーデュオ


      「マブリ」


      をみたびこの武蔵野の聖地に迎え

      ルーツスピリッツ満ちた熱〜い夜を…!


      奄美を基点としてロック、歌謡そしてジャマイカンレゲエまでそのルーツなソウル(マブリ)ミュージックを

      この日はたっぷりと…!


      不肖、築秋雄も

      お馴染み我らがジャンベマスター

      永原元ちゃん


      と共によりスピリュチュアルに、そしてルーツ色濃厚に迫る所存。


      恒例のセッションも

      どうか何卒ご期待下さい…!



      また、この日も引き続き曼荼羅では特別メニュー

      大好評の

      鶏飯(奄美大島の郷土料理)、

      そして

      本土ではなかなか飲めない奄美黒糖焼酎の名品、加那(かな)、朝日

      販売しておりますのでこちらもぜひとも併せてご賞味いただければ…と。


      そんな

      我らが曼荼羅にも大いに共に盛り上げていただけている『希望の翼』シリーズ54回目。


      〜奄美のザ・バンドとアサバナロックでワイドナイト☆〜


      必ずや最高の日に…。


      どうか30日(月)は何卒、武蔵野の聖地、曼荼羅へ…!!m(__)m



      …です。



      そんな

      灼熱の曇天に吠える

      文月(ふみづき)ライブの数々…。



      どうか何卒

      応援ヨロシクお願い申し上げます… !m(__)m





      築 秋雄 拝


      いよいよ本日26日(火)は恒例の築秋雄曼荼羅ライブ『希望の翼』エピソード53、「シバ」さんを迎え開催です…!

      0
        1529979112611.jpg
        おはようございます!

        一昨日までは梅雨曇りに雨の予報でしたが今朝は見事なお天気に。

        見事すぎてもう初夏ですね…。(^^;

        海の向こうのワールドカップでも大方の予測を裏切り強豪コロンビアとセネガルと対戦しながら我が日本はまだなんと負けてない…と言う大番狂わせ。

        こうなれば明日のポーランド戦も見事に勝って欲しいもの。

        こう言う番狂わせなら大歓迎ですよね…!


        さて、そんな燃え上がるポーランド戦の前に…、
        いよいよ本日26日(火)は
        恒例の築秋雄曼荼羅ライブ
        『希望の翼』エピソード53
        が開催されます…!

        ジョイントゲストには
        あの我らが永遠のフォークブルーズレジェンドのお一人
        シバさん
        が2度目の登場。

        あの幻の名盤『帰還』
        もついに再発された
        先駆者でありなおかつ最前線を走り続けるそのアメイジングな歌世界を
        我らが武蔵野の聖地で共にたっぷりと…。


        どうか何卒…!m(__)m

        オ〜レオレ〜オ〜!


        ●2018年6月26日(火)

        吉祥寺 曼荼羅

        武蔵野市吉祥寺南町1-5-2
        Tel .0422-48-5003

        築秋雄Presents『希望の翼』エピソード53
        〜大いなる帰還!ザ・レジェンド“シバ”を迎えて…。武蔵野“タンポポ”ワイドナイト☆〜

        築秋雄×シバ Vol. 2

        ジャンベゲスト:永原元



        開場:19:00/開演:19:30

        前売:¥3.000/当日:¥3.300+1ドリンクオーダー

        *恒例の月イチ曼荼羅ライブ。

        『希望の翼』シリーズの53回目。

        今回は

        〜大いなる帰還!ザ・レジェンド“シバ”を迎えて…。武蔵野“タンポポ”ワイドナイト☆〜
        と題して

        故高田渡さんたちと、あの伝説の「武蔵野タンポポ団」でデビューされ、ジャパニーズフォークブルーズ界唯一無二の存在感を放ち続ける巨星

        「シバ」さん

        を再びこの武蔵野の聖地に迎え
        ブルーズスピリッツ満ちた熱〜いライブを…!

        あのライトニンホプキンスばりの稲妻ブルーズギターはもちろんのこと
        クールなボーカルやそのアメイジングな歌世界を
        この日はたっぷりと…!

        不肖、築秋雄も
        お馴染み我らがジャンベマスター
        永原元ちゃん

        と共によりスピリュチュアルに、そしてアメイジングに迫る所存。

        恒例のセッションも
        どうか何卒ご期待下さい…!


        また、この日も引き続き曼荼羅では特別メニュー
        大好評の
        鶏飯(奄美大島の郷土料理)、
        そして
        本土ではなかなか飲めない奄美黒糖焼酎の名品、加那(かな)、朝日

        販売しておりますのでこちらもぜひとも併せてご賞味いただければ…と。

        そんな
        我らが曼荼羅にも大いに共に盛り上げていただけている『希望の翼』シリーズ53回目。

        〜大いなる帰還!ザ・レジェンド“シバ”を迎えて…。武蔵野“タンポポ”ワイドナイト☆〜

        必ずや最高の日に…。

        どうか今宵は何卒、武蔵野の聖地、曼荼羅へ…!!m(__)m



        築 秋雄

        ☆『希望の翼』ジョイントゲスト紹介エピソード53「シバ 」さん 後編。

        0

          AUR-24.jpg

          【シバ『帰還』(1992) 。】



          『希望の翼』ジョイントゲスト紹介〜エピソード53後編では、



          シバさんが


          '92年にリリース後、翌93年に収録曲の歌詞にクレームがつき発売中止、廃盤となり

          永らく幻の名盤として伝説化しつつあった中、

          昨年春に奇跡的な再発となった


          『帰還』(写真参照)


          を引き続きご紹介していきたいと思います。



          まずはその帯に記された万感のコメントを…。



          まぼろしの名盤、25年の時空を超えてついに帰還! 梅津和時プロデュース



          時の砂に埋もれた25年の重み…。(;_;)



          さて、そのオープニングはシーナ&ロケッツの鮎川誠さんのレスポールカスタムが吠え、

          RCサクセションの新井田耕造氏の重量感溢れるドラムスが轟き、

          そしてアドレナリンに満ちた若々しいシバさんのボーカルがロックなディランばりに響きわたる「謎の電車」(M1)での実に格好いいスタート。


          アメリカ南部のゴスペルロックに接近した頃のディランを彷彿とさせるような実にパンチのあるサウンドに

          片山広明氏のテナーサックスが加わったところから何か急にジョンレノンの「サムタイム・イン・ニューヨークシティ」のようなニューヨーク的ガレージロックな雰囲気に。


          うわっ、なんやねん。

          シバさんこのスタイルもまためちゃ格好いいやん

          この勢いのままこれ突っ走るのか〜!?

          と思いきや、


          ちょっと裕次郎的日活アクション系の粋なナンバー(M2、そう言えばシバさんって日活スターの藤竜也にちょっと似てます)

          や昭和初期に流れていそうな名歌謡メロディを持つM3(※これ「たま」ファンは必聴です!)などバラエティーに富んだナンバーが次々に。


          なるほど。


          そこで改めて、


          梅津和時プロデュース…と言う意味が納得。


          これは

          梅津和時と言う当代きっての音楽のソムリエが

          シバさんの歌世界の可能性をそれぞれに相応しく、またその上に更に新たな可能性を加えながら豪快にそして繊細に展開させていったアルバムであるわけです。


          繊細に…と言うのは

          例えば

          名曲「死刑囚の唄」(M10)

          などは

          シバさんの歌とギターとハープ以外は

          早川岳晴氏の控えめなウッドベースのみ。


          とにかく

          余計な音は入れない。

          入れるのはその歌世界が豊穣に膨らんでいくサウンドのみ。


          最高な例がM6の「象」と言うナンバー。


          ♪象がやって来るぞ

          真夜中に

          ドスンドスンと音をたてて


          と言うまさしくシバさんにしか書けないようなシュールなリリックとその歌世界がまずは

          シバさんのギター弾き語りでフォークタッチで始まるも

          その歌詞の展開に合わせて 

          梅津氏のユーモラスで絶妙なバスクラリネットと多重録音されたクラリネットが菊地隆氏のパーカッションと共に加わり

          サーカス楽団のようなサウンドに変わる瞬間のその快感と言ったら…。


          豪快に…の例は先にあげたその鮎川さんのギターが強烈なオープニングのM1や

          チャールズ清水氏のピアノ&オルガンが目眩く展開を見せるM4

          などのブルーズロックに炸裂。


          とにかくなんと言ってもシバさん本人が水を得た魚のように気持ち良く歌っているのが最高です。


          そんな色んな意味で豪華絢爛なこのアルバムの最後を飾るのが、

          シバさんと梅津氏と言う

          このアルバムの主役二人による(直角中根氏と円周率松枝氏の控えめなパーカッションも少し加わってますが…)リラックスムードたっぷりの一発取り的なセッション、

          「ブルーズ・ブルーズ」(M11)。


          ここではなんとシバさんは珍しいピアノの弾き語り。\(◎o◎)/


          で、クラリネットで絶妙な合いの手を入れながらインプロバイズする梅津氏とはもうあたかも一体になったかのような演奏。


          ジャズとフォークと活動のフィールドは違うとは言え同世代。

          梅津氏の家でストレートジンをダブルで飲みながらいろいろと語り合っている内に意気投合して興が乗り、

          ギターが無いのでとりあえず置いてあるピアノを弾きながら「ブルーズ・ブルーズ」をシバさんが歌い出すと

          梅津氏がクラリネットを持ってすぐさま反応。

          おうおういい感じいい感じ


          「俺ならシバをいい感じでプロデュース出来るのにな」


          「うん、お前になら俺の歌を任せてもいいかも…」


          とここからこの物語が実は始まったのでは…などとあれこれ想像させるようなナイスなトラック。


          いや、音楽っていいな。



          歴史の砂に埋もれた中から25年ぶりに掘り出されてみたら

          全く錆びずにピカピカと光って出てきた奇跡のジャックナイフのごときこれはアルバム。


          これからも歌い続けるシバさんをず〜っとこのピカピカ光るジャックナイフは守り続けるんだろうな。



          そしてこの物語に気持ち良く酔う我々も…。



          ♪ほんの気まぐれだったんだ

          この路地に足を向けたのは

          後ふりむくとそこにはもう何も無い

          でも空には星が出て

          それはいつもの宵だった…。



          さぁ、何はともあれ今はボリュームをMAXに。

          そしてダブルのストレートジンで

          この大いなる帰還に…乾杯!



          ※ジャケットのシュールで印象的なイラストはもちろん三橋乙揶(シバ)氏。



          収録曲


          1.謎の電車

          2.ジャックナイフ

          3.満州鉄道の夜

          4.ルート20ブルーズ

          5.帰還

          6.象

          7.9:50分発〇〇行き

          8.夜

          9.下のほう

          10.死刑囚の唄

          11.ブルーズ・ブルーズ



          off note/Aurasia

          AUR-24

          定価¥2.500+税




          *このアルバム

          も・ち・ろ・ん

          ライブ会場でもお買い求めいただけますので

          どうか何卒…!




          月の上で象は遠吠えをくりかえす

          コップの底にしずむ夜

          霧にむせぶ歩道の上に

          おりて来たあのなつかしい地球


          月の上で象は遠吠えをくりかえす

          出発はついにやって来た

          どこへ向かうのか大空のかなたから

          あの日の記憶はかすんだまま


          「帰還」by シバ





          築 秋雄


          ☆『希望の翼』ジョイントゲスト紹介 エピソード53「シバ」さん 前編。

          0
            1529773126039.jpg
            【 ジャパニーズ・リアル・フォーク・ブルーズの巨星、シバさん。〜Manda-la2でのステージより。】  


            今回の『希望の翼』エピソード53
            のスペシャルゲスト

            シバさん (写真参照)

            はこの拙『希望の翼』シリーズ、2回目のご出演。

            ライブハウスの別格中の老舗
            吉祥寺曼荼羅
            にて
            贅沢にもエピソード1の
            中川五郎アニキ
            から始まり
            数多くの素晴らしいグレートブラザーたちと共に歩んでこれたこの
            不肖築秋雄
            奇跡の『希望の翼』シリーズもなんと53回目。
            改めまして皆様へまこと心より感謝を…。(ToT)

            その53回目スペシャルにご出演して下さる
            敬愛するブルーズマスター、
            シバさん
            とのそもそもの出会いやその詳細なプロフィール、アルバム紹介などは

            ☆『希望の翼』ジョイントゲスト紹介 エピソード16 「シバ」さん 前編。 | きこえるかい?
            http://blog.ulysses-records.com/?eid=829486

            ☆『希望の翼』ジョイントゲスト紹介 エピソード16「シバ」さん 後編。 | きこえるかい?
            http://blog.ulysses-records.com/?eid=829487



            を何卒ご覧いただければ…。

            で、今回は
            そのシバさんが'92年にリリース、大好評を得るも、
            翌年なんと歌詞にクレームがつき発売中止、
            永らく伝説となっていた超豪華メンバーによる幻の大作、
            そしてこの春、その名のごとく25年ぶりの待望の帰還(再発)を果たした傑作
            『帰還』
            を2回にわけてご紹介していきたいと思います。


            シバさんと言えば、
            あのカントリー・ブルーズの巨星
            ライトニン・ホプキンス
            ばりのモノホンなリアルアコースティックブルーズギター日本屈指の使い手
            としてあまりにも強烈に印象付けられているため


            シバさんを聴くにはソロにかぎる


            と後追いの我々はついつい思ってしまうのですが、

            「いや、シバはロックとかもいいよ」(中川五郎さん談)

            と言うお話や、そのプロフィールから
            90年代前半には
            シバと闇のヘルペス
            なるロックバンドでの活動歴と当時のイカ天ブームの頂点に立っていた「たま」の知久寿焼氏と関西ツアーなどを共に行っていた流れがあり
            ちょっとそのあたり興味津々ではありました。

            で、その時代を象徴するが
            この春、晴れて再発された'92リリースの『帰還』と言うアルバム。

            これがなんとあの梅津和時氏(RCサクセションのサポートでも知られているフリージャズの大物サックス奏者)のプロデュース。

            その参加メンバーは


            梅津和時
            片山広明
            早川岳晴
            菊地隆
            鮎川誠
            リクオ
            知久寿焼
            チャールズ清水
            新井田耕造
            塚本弥生
            直角中根
            円周率松枝


            …という。

            うわっ、何、これって、
            もうめちゃめちゃ凄い面子やん\(◎o◎)/


            しかし、梅津さんのサックスが響き、鮎川さんのレスポールが唸るシバさんの世界って果たして…。

            しかしこのアルバム
            反響は凄まじく
            なんと
            92年度ディスクユニオン、お茶の水1号店邦楽売上ベスト第3位に輝いたそう。

            92年と言えばまだまだCDがミリオン単位で売れていた頃。

            米米クラブやB'z、サザンや槇原敬之、CHAGE&ASKAなどがしのぎを削りビッグヒットを連発してた時代に
            ディスクユニオンお茶の水1号店の単店集計とは言え第3位に輝いたとは本当に物凄いこと。\(◎o◎)/

            時代がシバさんを求めつつあった…と言ってもこれはけしてけして過言ではないでしょう。

            それ故、翌年の歌詞へのクレームでの発売中止、破棄処分(!?)がかえすがえすも惜しまれます…。(>.<)
            (※しかし一体何が問題になったのか?)


            その後は、あの国宝級と言ってもよいアコースティックギター一本での弾き語りスタイルに活動の中心が戻って現在に至るわけなのですが、
            この永年お蔵入りとなっていたバンドスタイルでの幻の音源
            一体、果たしてどのようにもの凄いものだったのか?


            以下、その具体的なアルバムの内容につきましては後編にてまた詳しく…。


            26日のこの
            『希望の翼』エピソード53
            では
            そんな
            シバさん

            国宝級のブルーズギタープレイとその魂の歌声のドキュメントを
            た〜っぷりと味わえるに違いありません。

            築秋雄も
            ジャンベの名手
            永原元ちゃん
            と共によりスピリュチュアルに
            深く深く挑んでいく所存ですのでどうか

            『希望の翼』エピソード53
            〜大いなる帰還!ザ・レジェンド“シバ”を迎えて…。武蔵野“タンポポ”ワイドナイト☆〜

            何卒ご期待下さい…!m(__)m



            ジャックナイフ あいつが持ってる
            あの ジャックナイフを見た時に
            それが欲しくて身も焦げる
            身も焦げる思いをしたものだ

            キラキラ光るあの刃先
            黒い握りのジャックナイフ
            あれさえ持てば恐いものなんか
            恐いものなんかありゃしない
            あのジャックナイフが守ってくれる
            俺を守ってくれると思ったものだ


            「ジャックナイフ」by シバ







            築 秋雄

            calendar
            1234567
            891011121314
            15161718192021
            22232425262728
            293031    
            << July 2018 >>
            selected entries
            categories
            archives
            recent comment
            • オフィシャル制作によるスライド動画『2018年新春音楽イベント「平々米々」ダイジェスト』がYouTubeにアップされました…!
              築 (01/11)
            • オフィシャル制作によるスライド動画『2018年新春音楽イベント「平々米々」ダイジェスト』がYouTubeにアップされました…!
              げん (01/10)
            • 流れ星と潮騒の夜〜榊義弘ライブ 2014 12.13
              築秋雄 (02/20)
            • 流れ星と潮騒の夜〜榊義弘ライブ 2014 12.13
              築秋雄 (02/20)
            • 流れ星と潮騒の夜〜榊義弘ライブ 2014 12.13
              土居 (02/16)
            • 流れ星と潮騒の夜〜榊義弘ライブ 2014 12.13
              榊 (02/16)
            • 明日は新宿三丁目にて池田里奈さんのグループ「なチュッっぱ」ライブが開催!
              築秋雄 (07/06)
            • 明日は新宿三丁目にて池田里奈さんのグループ「なチュッっぱ」ライブが開催!
              いけだりな (07/05)
            • 速報!!築秋雄&アルバトロス 奄美『希望の翼』ツアー2014 2日目も大盛り上がり…(T_T)
              栄 (03/03)
            • 『やってみろよ!ナイト☆』2013 3.11
              築秋雄 (03/17)
            recent trackback
            links
            profile
            search this site.
            others
            mobile
            qrcode
            powered
            無料ブログ作成サービス JUGEM