『希望の翼』エピソード51 '18 4.23

0

    1524499098170.jpg

    【写真1.曼荼羅入口。】


    【写真2.宙美with Gensblue さんのステージ。】


    【写真3.「ASABANA ROCK」の島太鼓になんと映画『櫻の園』に出演されたもう一人の女優さんで今は女優業と共に脚本家としても広く活躍されている梶原阿貴さんがなんとサプライズで飛び入り参加。\(◎o◎)/ Thanks photo by yumi 】


    【写真4. 最後の全員でのセッションより〜その1。「こきりこ節」セッション。Thanks photo by Aki 】


    【写真5.最後の全員でのセッションより〜その2。「ワイド節」セッション。Thanks photo by Aki 】



    一昨日(23日)は

    恒例の曼荼羅ライブ

    築秋雄Presents 『希望の翼』〜エピソード51

    の日でした。(写真1参照)


    ジョイントゲストには

    個性派唄者の


    宙美yumi さん


    が初登場。


    サポートのGensblue さんと共にとても素敵なステージを…。(写真2参照)


    テーマは“旅”


    とのことで、宙美さんの1stアルバム『空鏡』からの曲を中心に

    その他も

    「シャボン玉」

    などの童歌(わらべうた)

    師匠の朝崎郁恵さんも歌われている沖縄歌謡

    「十九の春」

    そして奄美島唄

    「豊年節」

    などなど

    日本人なら誰もが知っている唄(奄美島唄以外は…かな(^^;)をセレクト。


    メロディ的にはちょっとした“唄で巡る日本の旅”とでも言うようななんとも癒されるヒーリングなひととき。


    しかしながらそのその全てが

    あの独特な

    奄美島唄唱法

    によって歌われるため

    耳慣れた楽曲も何か一枚ベールを脱いで初めてその本質を現したかのような新鮮さをもって我々の魂に響いてきました。


    奄美島唄唱法のシャーマニスティックな可能性もとても雄弁に知らしめてくれたなんとも美しく迫力あるステージ…、

    宙美さん、熱演と〜とがなし!


    そして、宙美さんよりもらった“旅”のお題を引き継ぎ


    「ホーリー・マウンテン〜聖地への旅」

    でスタートした

    築秋雄&永原元のステージ

    では

    なんともびっくりなサプライズが…。\(◎o◎)/

    恒例の「ASABANA ROCK」オーディエンス飛び入りコーナーで

    島太鼓(チヂン)を叩いてくれたのが

    なんとなんと

    宙美さんと共に

    『櫻の園』

    でデビューされた女優の

    梶原阿貴(かじわらあき)さん。


    ハイ、あのちょっと怖い先輩です(笑)


    今は女優としてだけではなく脚本家としても大活躍されているロバーヒンとのまさかのASABANA ROCK 共演(※注、映画内で演じられるチェーホフ「櫻の園」での役名。因みに宙美さんはシャルロッタ。)


    いや、これがまためっちゃ素晴らしい太鼓!\(◎o◎)/


    なんでも小中高と和太鼓をされていた…とのことで、その気合いの入りまくった極上のビートにはびっくり。(写真3参照)


    阿貴さん、最高な島太鼓(チヂン)飛び入り、本当にありがっさまりょうた!


    でも宙美さんと阿貴さんは役をこえて、もう本当の同級生のようで、

    あの映画がいかに固い結束で作られたものなのかを改めて…。

    なんでもこの前は、つみきみほさんも宙美さんのライブを応援しにいらっしゃたのだとか…\(◎o◎)/


    公開からもうだいぶたっているのにそうやってず〜っと出演者同士の友情が続いているって

    なんかとてもいいエピソードですよね!


    そんな奇跡の映画

    『櫻の園』('90 中原俊監督)

    どうか皆様もぜひともご覧下さい…!



    さて、そんな友情の奇跡を我が島太鼓の響きと共に味わせていただいた後は


    再びステージに宙美さんとGensblue さんを迎え炎のセッションタイムへ…。


    選んだ曲は


    日本最古の民謡(富山)

    「こきりこ節」

    現代の歌ながら、沖縄の

    「ハイサイおじさん」

    と並んでスタンダード化した中では最も新しい唄の一つ、我が故郷奄美の誇る

    「ワイド節」


    そこに、なんとその富山の出身だったと言う永原元ちゃん

    あの深〜いアフリカンビートを加え、


    まさに日本の古層に迫るか(!?)と言う意味と意義を持つような(^^;『希望の翼』シリーズ屈指のセッションへ…。(写真4〜5参照。)


    いやぁ、楽しかったぁ…。(σ≧▽≦)σ


    宙美さんとGensblueさん、

    そして何よりも

    お忙しい中、ご来場いただきました有り難い皆様方、

    本当に本当にありがっさまりょうた〜!m(__)m




    【セットリスト】


    ●O.A (築秋雄ソロ)


    1.イントロダクション〜やってみろよ!

    2.Exodus 〜 脱出


    ●宙美with Gensblue オンステージ


    ●築秋雄&永原元 オンステージ


    1.ホーリー・マウンテン〜聖地への旅

    2.INISURI

    3.小さなことから始めよう

    4.曇天

    5.ヤチャボー

    6.希望の翼

    7.ASABANA ROCK

    8.ロスト・ジェネレーション(立ち上がれ!)


    ●セッション (築秋雄+宙美with Gensblue +永原元)


    1.こきりこ節

    2.ワイド節




    さて、次回のこの『希望の翼』シリーズは


    エピソード52

    〜トキハイを超えた男とやってみろよ!アナログワイドナイト后


    と題して5月29日(火)に開催が決定…!


    ジョイントゲストはシリーズ5回目の登場となる

    あの天性の歌声の持ち主


    飯田マキトさん…!(σ≧▽≦)σ




    どうか皆々様方、

    来月も何卒、この武蔵野の聖地へ!


    心よりお待ち申しております…!!m(__)m


    ワイド〜!




    築 秋雄 拝


    いよいよ本日23日(月)は恒例の曼荼羅ライブ 築秋雄Presents 『希望の翼』〜エピソード51 開催です…!

    0
      1523518291956.jpg
      おはようございます!

      昨日までの夏日はどこへやら。
      またぐっと気温が下がってきましたね(…と言ってもこれが普通かな)

      暑いなら暑い
      寒いなら寒い
      どっちでもいいけど
      とにかく
      はっきりして欲しい…と誰もが思うような天気がここしばらく。

      いや、だから
      昼間は半袖でもいいような夏日で
      夜はもう一枚羽織りたいような肌寒さ、と実にはっきりしてるじゃん…と返されそうですが(^^;

      まぁ、でも雪が降ったわけでもないし、はっきりと異常気象…と言うほどでもないところがミソ。

      まだこうやってブツブツ言える程度のことながら、
      風邪とかにはこのぐらいが一番足元をすくわれやすい状況ですので気をつけましょう!(*_*)


      驚天動地の米朝首脳会談を間近に控え
      合わせて天変地異など起こりませんように…。(>.<)

      さて、そんな異常気象があっても、新入生の季節には変わりありません。

      新たな出会いの中でどうか皆様が素晴らしい季節を送れますよう、熱〜い音楽のプレゼントを…なんて。(^^;

      ハイ、毎月恒例の
      築秋雄Presents 『希望の翼』エピソード51
      がいよいよ本日、開催…!

      ジョイントゲストには

      映画や舞台で活躍する女優でもありまた東京のご出身ながらなんと奄美島唄の唄者でもあると言う超個性派なアーティスト

      宙美yumi さん

      が初登場…!(σ≧▽≦)σ

      いや、とてもとても楽しみです…!!

      空の鏡に映る我々の本当の姿を
      どうか
      共に見つけに参りましょう…!

      どうか何卒…!m(__)m



      ●2018年4月23日(月)

      吉祥寺 曼荼羅

      武蔵野市吉祥寺南町1-5-2
      Tel. 0422-48-5003

      築秋雄Presents『希望の翼』エピソード51
      〜「櫻の園」 から奄美の名花へ…!春の武蔵野ワイドナイト☆〜

      築秋雄×宙美 with Gensblue (スペシャルゲスト)

      ジャンベゲスト:永原元

      開場19:00/開演19:30

      前売¥3.000/当日¥3.300+1ドリンクオーダー

      ※恒例の月イチ曼荼羅ライブ。

      『希望の翼』シリーズの51回目。

      今回は

      〜「櫻の園」から奄美の名花へ…!春の武蔵野ワイドナイト☆〜

      と題して

      あの邦画史に燦然と輝く名作で女優としてデビューされ、
      現在は東京のご出身であるにもかかわらず
      なんと
      奄美島唄の唄者
      として活躍されている
      文字通りワン・アンド・オンリーなアーティスト、

      「宙美yumi」さん

      をこの武蔵野の聖地に迎え
      まさに春爛漫なスペシャルツーマンライブを…!

      奄美の島唄が
      土着的地域性を超えて
      実は日本はもとより世界のシャーマニズムにも通じる普遍性があるのでは…と思わせる
      驚きの唄声を
      我らが武蔵野の聖地でたっぷりと。
      (※サポートにはGensblueさんが決定!)


      築秋雄も
      お馴染み我らがジャンベマスター
      永原元ちゃん
      と共にアサバナロック魂にてワン・アンド・オンリーに迫る所存。

      恒例のセッションも
      どうか何卒ご期待下さい…!

      また、この日も引き続き曼荼羅では特別メニュー
      大好評の
      鶏飯(奄美大島の郷土料理)、
      そして
      本土ではなかなか飲めない奄美黒糖焼酎の名品、加那(かな)、朝日等
      販売しておりますのでこちらもぜひとも併せてご賞味いただければ…と。

      そんな
      我らが曼荼羅にも大いに共に盛り上げていただけている『希望の翼』シリーズ51回目。

      〜「櫻の園」から奄美の名花へ…!春の武蔵野ワイドナイト☆〜

      必ずや最高の日に…。

      どうか今宵は何卒、武蔵野の聖地、曼荼羅へ…!m(__)m



      築 秋雄

      ☆『希望の翼』ジョイントゲスト紹介エピソード51「宙美yumi」さん 後編。

      0

        dcce6f1bffb6fd4f14d21533bf7de612-300x300.jpg

        【宙美『空鏡〜そらかがみ〜』(2015) 。】



        『希望の翼』ジョイントゲスト紹介〜エピソード51後編では、



        宙美yumiさんが


        2015年にリリースした


        『空鏡〜そらかがみ〜』(写真参照)


        をご紹介していきたいと思います。



        まずはその帯に記されたキャッチフレーズをどうぞ。



        〜唄は、何かを忘れるためではなく、その奥に在る自分の源を想い出すためのもの。

        まだ、なにもなかった頃の静寂への旅〜


        伝統的唱法とNatural Sound で綴り、古(いにしえ)を映す「日本の唄」




        …確かに、このアルバムに収録されたのは

        日本最古の民謡と言われる

        「こきりこ節」(M.3)


        童謡の

        「七夕」(M.5)


        「かごめ」(M.6 )


        などが。



        そしてそこに


        NHK みんなのうたバージョンなどでも広く浸透した

        古謝美佐子の子守唄

        「童神〜天の子守唄〜」(M.1)


        に、


        TV アニメ『はじめ人間ギャートルズ』の名エンディングテーマとして名高い

        「やつらの足音のバラード」(M.2)


        など、

        日本人ならおそらく誰もが知っている曲がセンス良くセレクトされています。


        唯一、一般にはあまり知られていない曲は


        奄美大島の島唄


        「嘉徳なべ加那節」(M.4)


        の存在。


        普通に考えればここだけディープに違和感ありまくりになってしまう気がするのですが、さにあらず。

        ここではそれがもう見事なまでのはまり具合。


        その秘密は…、


        ハイ、実はなんとこのアルバム、

        全体がその伝統的歌唱…すなわち奄美シマ唄の唱法で唱われているわけなんですね。


        いや、驚きました…。


        こんなことって出来るものなんだ…。\(◎o◎)/


        なので本来は違和感ありまくりなはずの


        「嘉徳なべ加那節」


        を逆に基点として古代日本の古層にある唄魂を掘り起こしていってるような統一感すら…。



        また更に言えば、もはやこれは


        「日本の唄」


        を通り越して


        「地球の声」


        とでも言うべきものをシャーマニズム的に表現したものを聴いているかのような気分にも…。



        いや、奄美シマ唄の唱法って世界の古層に響くもの凄い可能性を秘めたものなのだな…と。


        しかしこれ奄美出身者ではない宙美さんだからこそまた出せた味わいかと。


        黒人音楽に憧れた白人のプレスリーやビートルズによって適度に薄められたブラックミュージックのエッセンスがより普遍的に世界に届いたように


        仮にもしこの同じ選曲とオケで

        元ちとせが歌ったとしたら

        もちろんそれはそれで素晴らしいものであったにしても奄美色が強烈に出すぎ地域性の強靭さが勝り

        ここでの世界の古層にも届くような普遍的な透明感と隙間は出せなかったのでは…と。


        どちらがいいかはもちろん好みですが。


        ビートルズの「 Hey Jude」

        がいいか

        それともより黒い

        ウィルソン・ピケットの「Hey Jude 」

        が好みか…と言う。


        しかし、とりあえず今は


        奄美を…ではなく、

        奄美の伝統にある可能性をこのような形で提示してくれた宙美さんのこの力作に

        我々出身者は惜しみない拍手をまず贈るべきなのでは…。


        内地の人たちはこのアルバムを聴いて奄美を知り、

        島の人たちはヤマトと共通の土台の上に自分たちがいることを知る。


        そして海外の人たちは自分たちの古層とも共鳴し合うワールドミュージックの深い響きをここに発見して日本人そのものに驚く…。



        これは確かに日本と奄美、そして世界を繋ぐパワーを秘めたアルバム。




        ねぇ、ねぇ、皆んな聞いて!

        シャルロッタが凄いことやったんだよ…!


        〜「櫻の園」より。




        ※「嘉徳なべ加那節」(M.4)での三線は

        徳原大和氏


        「やつらの足音のバラード」(M.2)のアコースティックギターなど随所にセンス良くちりばめられた洋楽テイストの演奏とアレンジは

        Gensblue氏


        ブックレットには宙美さん本人の収録曲への短いコメントと共に

        評論家平西松氏のライナーノーツ「守り抜け、そして軽やかに手放せ」

        も収録。


        そしてジャケットデザインは盟友の

        えぐさゆうこ氏。




        収録曲


        1.童神〜天の子守唄〜

        2.やつらの足音のバラード

        3.こきりこ節

        4.嘉徳なべ加那節

        5.七夕

        6.かごめ


        play∞pray project

        YUMI-2015

        定価¥1.500(税込)




        *このアルバム

        も・ち・ろ・ん

        ライブ会場でお買い求めいただけますので

        どうか何卒…!





        〜かごめかごめ 籠の中の鳥は

        いついつ出やる 夜明けの晩に

        鶴と亀が統べった

        後ろの正面だあれ?〜



        「かごめ」より。




        築 秋雄


        ☆『希望の翼』ジョイントゲスト紹介エピソード51「宙美yumi」さん 前編。

        0

          10965360_784888288227388_292139594_n.jpg

          【アマミのシマ唄に新たな息吹きを与え続けている個性派アーティスト、宙美yumi さん。】


          今月、23日の

          『希望の翼』エピソード51

          のジョイントゲスト


          「宙美(ゆみ)」さん


          との出会いは


          2013年4月に

          池袋鈴ん小屋

          にて開催された

          ★あまみナイト★

          での共演がその最初。


          「あまみナイト」とは言ってもこの日の出演者で純粋な奄美出身者は自分一人。


          後は以前も対バンさせてもらった愛媛松山出身の

          えぐさゆうこさん。


          そしてこの日初共演となったのが、

          今回のジョイントゲストとなる


          東京都出身の

          宙美yumi さん。


          えぐささんもそうでしたが

          この宙美さんもまた

          内地の方なのに

          あの独特なアマミシマ唄唱法

          をなんとバッチリとマスターされていてびっくり。


          この日は出身者の自分だけが逆に普通の唱法…と言うなんとも不思議な逆転現象が(^^;


          また宙美さんは

          サポートにフォークローレやフラメンコが達者なガットギターの名手を連れてこられていて、

          ワールドミュージックの中のアマミ…とでも言うような新しい解釈

          がとても新鮮だったことを覚えています。


          また

          楽屋で、元々女優さんだったと言う話を伺い、その代表作の一つがなんとあの映画賞を総ナメにした『櫻の園』だった…ことを聞いて二度びっくり。


          この映画、ロードショーでは見てませんが、

          当時よく通っていた池袋文芸座の中原俊監督特集オールナイト上映で見たことがあり、とても印象に残ってました。


          つみきみほや中島ひろ子の出世作として一般には有名ですが、

          基本群衆劇で「櫻の園」をこれから上演しようとする演劇部の学生全体が主役のようなもの。


          観る人全てが一緒に高校時代のあのふわふわした空気感に戻れるような作り。

          名門女子高と言うちょっと隔離された設定と

          桜と演劇部とチェーホフが入れ子構造になっていて、

          中原監督のその自然な演出と相まって

          スクリーンに躍動する演劇部員たちの青春を鏡として観客がそれぞれの十代の頃に自由に思いを馳せられるような…。


          なので、自分もたった一度しか観てないにもかかわらず

          ああ…あの演劇部にいたあの時のあのおしゃまな女の子!と(笑)


          宙美さん(※当時は後藤宙美さん)の存在感もさることながら

          そんな形で物語として我々の記憶にインプットさせた力って

          それってやはり名画の証なんだろうな…。



          宙美yumi さんは


          東京都出身。


          映画TVで活躍

          次第に演技を通して深い人間洞察に興味を持ち、メソード演技を学ぶ。

          さらに人間そのものを深く探究すべく、ロシアのスタニスラフスキーシステムを学ぶ。

          レオニード・アシモフのもと、チェーホフ作品を研鑽。

          代表作「ワーニャ伯父さん」

          その後、人間と自然との係わりをテーマに沖縄文化にふれ、

          様々な人達と交流を重ね、

          南の島の持つ自然、生命力、霊性に惹かれ、

          中でも古典民謡に表現力を感知する。

          現在は奄美のシマ唄を学び、その深い精神性に触れ

          「表に現す」ということの真の意味をみつけようとしている。

          ライブ活動は音楽シーンだけではなく、病院や老人施設の慰問も行っている。

          また、自分が子供好きであるということ、そして表現や人間を探究する時

          子供の姿はいつもお手本であり真髄であるという思いから

          「 NPO法人日本子育てアドバイザー教会認定子育てアドバイザー」の資格も持つ。



          …と言う経歴の方。

          (オフィシャルサイト より引用。)


          邦画史に燦然と輝く作品で女優としてのキャリアをスタートさせ、

          あの朝崎郁恵さんから

          「あんたは内地の子なのにシマ唄を唄える咽を持っている…」と驚かれたと言うその歌声で

          現在は日本の唄魂の古層に斬り込むユニークな活動を展開するワン&オンリーなアーティスト。


          まさに


          『櫻の園』から奄美の名花へ…。


          23日の『希望の翼』エピソード51

          では

          そんな宙美yumiさんの

          血脈を超えた驚きの唄声と

          そのドラマティクでワン&オンリーな存在感を

          たっぷりと味わっていただけるはず。


          築秋雄も

          アフリカンルーツのジャンベの永原元ちゃん

          と共に

          世界の古層へ斬り込む魂の歌を…。


          またこの日は宙美さんのサポートで

          宙美さんの1stCD のレコーディングにギター、アレンジ、プロデュースで参加した

          Gensblue さん

          の参加も決定してます!


          そんな『空鏡』の再現と発展


          そ・し・て

          最後の全員でのセッションも含め

          どうか何卒ご期待下さい…!m(__)m




          〜色は匂へど 散りぬるを

          我が世誰そ 常ならむ

          有為の奥山 今日越えて

          浅き夢見じ 酔ひもせず〜


          「こきりこ節」より。




          築 秋雄


          '18 4.16『やってみろよ!ナイト☆』の写真をいただきました…!

          0
            DSC00984.jpg
            【写真1. オーナーの阿見紀代子さん不在の中、渾身のソロステージを…。まさに「やってみろよ!」な一夜。  撮影:Mr. Tanji 】

            【写真2.こんな時こそ気合いを込めて「立ち上がれ!」を熱唱。 撮影:Mr. Tanji 】

            【写真3.緊急に助っ人に入ってくれたスタッフの杏奈さんが島太鼓も飛び入りで…。 撮影:Mr. Tanji 】

            【写真4.「ワイド節」渾身のボトルネックソロ。 撮影:Mr. Tanji 】

            【写真5.お客様と留守番組全員の祈りを込めた「ASABANA ROCK」での熱〜いグルーヴ。皆様、どうかオーナー不在の非常時が今暫く続きますこのアミズバー、何卒応援ヨロシクお願いいたします!(>.<) 撮影:Mr. Tanji 】


            先日(4.16)のアミズバーライブの写真を
            アミズバーオフィシャルカメラマン(!?)でもある
            我らがMr. Tanji さん
            よりいただきましたのでその一部を公開いたします…!

            Tanji さん、本当に
            ありがっさまりょうた〜!m(__)m

            ※投稿写真5枚全てが反映されるまで暫しお時間がかかります。
            何卒ご了承下さいませ(>.<)



            築 秋雄

            calendar
            1234567
            891011121314
            15161718192021
            22232425262728
            2930     
            << April 2018 >>
            selected entries
            categories
            archives
            recent comment
            • オフィシャル制作によるスライド動画『2018年新春音楽イベント「平々米々」ダイジェスト』がYouTubeにアップされました…!
              築 (01/11)
            • オフィシャル制作によるスライド動画『2018年新春音楽イベント「平々米々」ダイジェスト』がYouTubeにアップされました…!
              げん (01/10)
            • 流れ星と潮騒の夜〜榊義弘ライブ 2014 12.13
              築秋雄 (02/20)
            • 流れ星と潮騒の夜〜榊義弘ライブ 2014 12.13
              築秋雄 (02/20)
            • 流れ星と潮騒の夜〜榊義弘ライブ 2014 12.13
              土居 (02/16)
            • 流れ星と潮騒の夜〜榊義弘ライブ 2014 12.13
              榊 (02/16)
            • 明日は新宿三丁目にて池田里奈さんのグループ「なチュッっぱ」ライブが開催!
              築秋雄 (07/06)
            • 明日は新宿三丁目にて池田里奈さんのグループ「なチュッっぱ」ライブが開催!
              いけだりな (07/05)
            • 速報!!築秋雄&アルバトロス 奄美『希望の翼』ツアー2014 2日目も大盛り上がり…(T_T)
              栄 (03/03)
            • 『やってみろよ!ナイト☆』2013 3.11
              築秋雄 (03/17)
            recent trackback
            links
            profile
            search this site.
            others
            mobile
            qrcode
            powered
            無料ブログ作成サービス JUGEM